ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】 | そるとのしっぽ

そるとのしっぽ

楽しい毎日がもっと楽しくなる情報をお届けします♪

ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】

      2016/10/04

ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】

皮膚科でほくろを取りました!

 

子供の頃から嫌だった、眉間にあるふっくらとした目立つほくろ。

「お釈迦さまみたいだね」なんて褒められたこともあったけど、私にとってはコンプレックスでしかありませんでした。

あなたが気にしているほくろは、どこにありますか?多くの人が悩む顏でしょうか?

 

値段は、ほくろの大きさやほくろ除去の方法、どこの病院にで除去を受けるかによって変わってきます。

この記事では、皮膚科と美容外科でほくろ除去にかかる費用の相場と、実際に私のほくろにかかった費用について、詳しくご紹介しましょう。
 

あなたのコンプレックスが、簡単な除去施術で解消されます!

ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】

品川スキンクリニックほくろ除去
品クリの無料カウンセリング 

ほくろ除去の種類

ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】2
ほくろ除去は、皮膚科・整形外科・美容整形外科で受けることができます。

施術は、

★炭酸レーザー(CO2レーザー)
 レーザーでほくろ細胞を焼き取る
★切除縫合法
 ほくろをメスで切り取る

この2種類が主流です。

他にも、Qスイッチグレーザー(色素を分解する)、電気メス(高周波による切除)などの方法があり、

ふくらみのない、平らなほくろを除去する方法として行われています。

 

ほくの除去にかかる費用は、ほくろの大きさで決まります。

幅広く目立つほくろや盛り上がりのあるほくろは、相場よりも高くなるかもしれませんね。

 

  • 目元
  • アゴ
  • フェイスライン
  • 頭皮(髪の毛の中)
  • 背中
  • お腹

など、どんな場所のほくろであっても、除去費用は変わりません。

(*ただし、目の間際にあるほくろは施術が難しい場合があるようです。クリニックで相談してみてくださいね)

 

それでは、炭酸レーザーもしくは切除によるほくろ除去にかかる費用の相場を、まとめていきましょう。

ほくろ除去を皮膚科で受ける費用の相場

ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】3

炭酸レーザー・・・5000円~1万円
切除縫合法 ・・・約1万円

この他に、初診料やお薬代がかかります。

皮膚科でほくろ除去を受けると、健康保険が適用される場合がありますが、適用されるかどうかは、病院によって判断基準が違うようです。

 

痛み、出血、腫れ、化膿などの症状があるほくろは悪性ほくろの可能性があり、医療処置として除去が必要になるので、

保険適用が認められるとのこと。

美観(見かけ)を改善するために行うほくろ除去は、保険が適用されないことが多いです。

私が皮膚科で2つのほくろを同時に取り、保険適用外でした。

ほくろ除去を美容整形外科で受ける費用の相場

ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】4

炭酸レーザー・・・5000円~1万円
切除縫合法 ・・・1万円~3万円

価格を見てお気づきかと思いますが、

皮膚科と美容整形外科、どちらで受けてもかかる費用は変わらないですよね。

皮膚科の方が安いイメージですが、ケガや病気と違い自由診療になる場合が多いのです。だから病院側が自由に料金設定をするため、皮膚科で受けてもあまり安くならないそうです。

 

ちなみにですが、美容整形外科の多くは初診料がかからず、無料カウンセリングを受けられます。

カウンセリング時に費用総額の見積もりを出してもらい、それ以上お金がかかることはありません。

また、ほくろが再発した際、無料で再施術が受けられる保証期間がある美容クリニックもあるので、術後も安心です。

 

皮膚科で再施術を受けるとなれば、もちろん費用はそれだけかかってしまいます。

総合的に考えると、皮膚科よりも美容外科の方がいいのかな?と思っちゃいますよね。

そこで私は、ほくろ除去で有名な「品川美容外科 スキンクリニック」に突撃取材を決行しました!

品クリってどんなクリニック?ほくろ除去はいくら?本当にカウンセリングは無料なの?ほくろ除去の疑問にすべてお答えいただきました♪

【ほくろ除去】品川スキンクリニックに直撃取材!費用や除去手術への疑問を全部聞いちゃいました!!
>>【ほくろ除去】品川美容外科 スキンクリニックに直撃取材!費用や除去への疑問を全部聞いちゃいました!!

【領収書を公開】私がほくろ除去にかかった費用

ほくろ除去をした際の領収書を公開します!

hokuro1-vert

初診  1060円
施術日 20884円
通院  540円
合計  22,444円(税込)

以上になります。

 

来院は全部で3回でした。

初診でほくろの状態と大きさを見てもらい、レーザー治療は初めてで不安だったので、痛くないか・時間はどれくらいかかるのか質問しました。

施術の日程を予約してこの日は終了~。

 

施術当日、術前にメイクや皮脂をふき取るから、お化粧をして行ってもOKと言われていましたが、なんとなくスッピンにマスクで来院(笑)

実際レーザー治療を受けてみて、麻酔を使うので痛みは感じず、時間はほくろ2つで15分もかかりませんでしたよ♪

先生に「再発の可能性も少ないと思います」と言っていただき、ルンルンで帰宅。

 

最後の来院は施術から2週間後で、傷口の経過をみせに行きました。

病院からもらった薬を毎日塗りテープで保護していたため、化膿することもなく順調に皮膚が回復していました!

 

肝心のほくろ1つあたりにかかる除去費用ですが、私が通院した皮膚科では、

【自費の場合】

  • 長径1mm未満 5,000円
  • 長径1mm以上〜2mm未満 7,000円
  • 長径2mm以上〜3mm未満 8,000円
  • 長径3mm以上〜4mm未満 9,000円
  • 長径4mm以上〜5mm未満 10,000円
  • 長径5mm以上 相談

この価格表を初診時に提示してもらい、自分のほくろだといくらかかるのか、見積もりを出してもらいました(口頭で説明を受けました)。

私は4mmと5mmのふくらんだほくろだったので、1万円+9千円で19000円。

お薬とテープ代300円がかかり、合計19000円(税込20884円)ですね。

 

正直、これくらいの費用でほくろが取れるなら安いと思います。

とにかくほくろが嫌で、鏡で自分の顔を見るのが辛い時期もあったくらいでした。

2万円程度で、コンプレックスから解放されるのなら本当に安い。ほくろ除去を受けて良かったです!!

費用が安い!ほくろ除去ができる美容外科(品川美容外科)

品川美容外科-スキンクリニックでほくろ除去を受けた!費用と術後の経過を写真で紹介します
>>品川美容外科 スキンクリニックでほくろ除去!費用と術後の経過を写真で紹介します

費用を安くすませたい!
だけど実績がある病院じゃないと怖い!

そんなあなたのために、ほくろ除去をおこなっている美容整形外科の料金を比較してみました^^

ほくろ除去ランキング

上記ランキングは、炭酸レーザーによるほくろ除去の施術の価格・1つ1mmあたりを比較したものです。

(*有名な湘南美容外科や東京美容外科では、レーザーを使ったほくろ除去は取り扱いがないので、ランキングに入れませんでした。)

 

第1位の品川美容外科 スキンクリニックでは1mm当たり4,860円の料金設定ですが、BMC会員というものに登録するとさらに20%OFFになります!

4,890円 → 20%OFFで3,880円

全国に院展開していて、都市部をはじめ北海道から沖縄までを網羅しており、ほくろ除去の症例数がダントツに多いんですよ♪

☆品川スキンクリニック・品川美容外科の店舗

【北海道】
札幌

【東北・甲信越】
仙台、新潟

【東京】
品川、新宿、新宿アイランドタワー、渋谷、渋谷駅前、表参道、池袋、銀座、上野、立川

【関東】
横浜、川崎、大宮、宇都宮、千葉

【中部】
名古屋、静岡

【関西】
梅田、梅田駅前、心斎橋、京都、神戸

【中国】
岡山、広島

【九州・沖縄】
福岡、鹿児島、熊本、沖縄

 

実は私も最近、品川スキンクリニックで顔と背中のほくろ合計4個を取ったのですが、

  • 先生が優しくて、丁寧に対応してもらえた
  • カウンセリング当日に施術してもらえた
  • ほくろが再発することなく、満足のいく仕上がり

だったので、かなりおすすめですよ^^

 

カウンセリングは無料で、1年間の再発保証あり。

よほど大きなほくろでなければ、炭酸レーザーで簡単に取れます。膨らみのあるほくろの場合はメスと電気メスを併用するのですが、

どちらも料金は同じだし、メスでの切除よりも治りが早いんです。

 

それに、スマホから簡単にネット予約ができるし、通いやすい病院だなと思いました。

私が品クリでほくろ除去を受けた時の、カウンセリングから施術までの流れや、実際にかかった費用などは下の記事でご紹介しています♪

>>品川美容外科 スキンクリニックでほくろ除去!費用と術後の経過を写真で紹介します

自宅でできるほくろ除去の方法と費用

自宅で自分でほくろを取りたい!
病院に行かず安くすませたい!

そんな意見が聞こえてきましたので、ここからは、自力でできるほくろ取りの方法と費用をご紹介しましょう。

最後に、病院で除去する場合とどちらが安く済むのか比較しました!

ほくろ除去クリーム


(画像 Amazon)

費用・・・2160円(Amazon)

この商品は「カソーダ」という、海外製品です。

 

ヒマシ油&重曹が配合されていて、ほくろに塗って皮膚に化学ヤケドを起こし、自然治癒させる方法に使います。

ネットの口コミで話題になっているようですが、肌への負担が大きく安全性は保障されていません。

価格は約2000円ととても安いけれど、失敗して痕が残ってしまったから怖いので、おすすめできないです^^;

 

もし試したい方は、顏や肌を露出する部分ではなく、洋服で隠れる部分でパッチテストを行った方が良いでしょう。

(自己責任でお願いします)

もぐさ


(画像 Amazon)

費用・・・540円(Amazon)

もぐさは、お灸です。

 

薬草を練り込んだ粉末をほくろの上に盛って、火をつけて焼きます。

昔からほくろ取り用としてもぐさを販売しているメーカーもあり、価格は数千円~数万円で売られているようです。

病院でほくろ除去をするよりも安上がりですが、顏にもぐさをのせて火をつけるのは、素人には難しいと思います。

 

ヤケドの恐れや、焼いた後でほくろが再発してしまう場合もありますので、こちらもおすすめはしません。

試す方はご家族に協力してもらいましょう!

(自己責任でお願いします)

無料できるほくろ除去は危険&効果なし!

私は学生時代、ハサミを使ってほくろを切ったことがあります。

今考えれば、顏の皮膚を自ら切るなんて「よくやったな」と思うのですが、当時は親に相談もできず悩んだ末のことでした…。

血がたくさんでたけれど、さいわい痕は残りませんでした。でも、同じ場所に同じサイズのほくろが出てきました。

 

安易に切り取っても、ほくろの根が残ってしまうと再発してしまうのです。

それ以降あきらめて過ごしていたのですが、

何人かの友人に相談してみたら、病院に行けば綺麗になるよと励まされ、ほくろ除去を受ける決意をしました。

 

  • ハサミやカッターで切る
  • 画鋲や安全ピンで刺す
  • オロナインを塗る

ネットで噂される自宅でできるほくろ取りの方法は、どれも安全ではないし、むしろほくろが大きくなる可能性すらあります。

刺激せず専門医に診てもらい、適切な処置を受けてくださいね。

ほくろ除去を受ける人は意外と多く、男女とわず病院でカウンセリングを受けていますよ^^

ほくろ除去の方法の費用比較とまとめ

【ほくろ除去方法おすすめ比較表】

ほくろ除去方法おすすめ比較

費用だけを見れば、自宅でクリームかもぐさを使った方が安いです。

しかし、想い通りにほくろが取れる保証がなく、病院で炭酸ガスレーザー治療を受けた方が確実なのです。

大切な肌を、傷つけたくないし、専門医に任せた方がリスクが絶対に少ないですよね。

 

ほとんどの人が1度の施術でほくろが消えますが、根が深くほくろ細胞の芯が残ってしまうと、再発する場合もあるそうです。

相談窓口と保証期間のついている「品川スキンクリニック」のような病院を選び、

費用をおさえつつ、綺麗にほくろを取り除きましょう♪

品川スキンクリニックほくろ除去
品クリの無料カウンセリング
 

↓ 品川美容外科 スキンクリニックのガチ取材記事はコチラです

カテゴリー内の人気記事♪ 
ほくろ, コンプレックス 】のお話