ほくろ コンプレックス

ほくろ除去を受けた時の費用!相場と皮膚科・美容整形外科のどちらが安く済むかを検証しました【治療費の領収書画像あり】

更新日:


ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用!相場や安く受けれる病院も公開しちゃいます【治療費の領収書画像あり】

私は子供の頃からほくろが多く、全身のほくろを数えると100個以上になると思います^^;

体や腕ならそれほど目立たないですが、気になるのが顔のほくろですよね。

とくに、膨らみのある大きなほくろだと目につきやすく、初めて会った人の視線がほくろに向いてるのを感じて、傷つくことがよくありました。

 

ずっと嫌だなぁと思いつつ、取らないまま大人になったのですが、思いきって炭酸ガスレーザーによるほくろ除去を受けてきました!

皮膚科で2つ、美容整形外科で3つのほくろを取った時にかかった費用を、領収書とともに公開します。

ほくろを取りたい・消したいと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね♪

ほくろ除去を受けた時の費用!相場と皮膚科・美容整形外科のどちらが安く済むかを検証しました【治療費の領収書画像あり】

 

▼ほくろ除去カウンセリング予約▼
品川スキンクリニックほくろ除去


 

ほくろ除去にかかった費用を公開!

ほくろ除去で悩むのが、皮膚科と美容整形外科のどちらで施術を受けたら良いのかですよね。

 

「皮膚科は健康保険が使えるから安く済む」

「美容整形外科の方が綺麗に取ってもらえる」

ほくろ除去を受けた方の意見は、真っ二つに分かれています(笑)

両方で施術を受けた私から言わせると、絶対にこっちの方がいいなんて決められないですけど……。

 

だって、近所にいい先生のいる皮膚科があればそっちがいいだろうし、症例数が多い有名な美容整形外科の方が安心する人もいると思います。

費用的には、健康保険を使えば皮膚科の方が、安くなる可能性が高いでしょう。

美容整形外科で施術を受けると、全額自費になります。

 

ただし、皮膚科だからといって、確実に費用の全額に保険が適用されるわけではありません。

健康保険は怪我・病気で治療にかかる費用の、患者負担額を軽くしてくれるものですよね。

でも、見た目を良くするためにほくろを取る場合は、保険が適用されるかどうか、医師の判断にゆだねられているんです。

私が皮膚科でほくろ除去を受けた時も、1つは保険適用、2つめは自費と説明を受けました。

 

さてさて、前置きが長くなりましたが、

実際に施術を受けた時にかかった費用を、皮膚科&美容整形外科それぞれお見せします。

 

皮膚科の場合(領収収書あり)

初診  1060円
施術日 20884円
通院  540円
合計  22,444円(税込)

hokuro1-vert

 

皮膚科で取ったのは、鼻の付け根にある5mmの膨らんだ黒いほくろと、アゴにある4mmの膨らんだ白っぽいほくろの、2つです。

初診は、ほくろが悪性か良性か診てもらいました。

悪性のほくろは放置すると皮膚ガンになることもあるそうなので、治療として除去しなくてはいけません。

私のほくろは良性だったので、先生は「取らなくても大丈夫ですよ」言ってくださいました^^

でも、5mmのほくろが時々ズキッとするのと、膨らんでてメイクしても隠せなくて嫌だから、やっぱり取りたいと伝えて……。

 

それほど大きくないから、切除ではなくレーザーで取れるとのこと。

先ほども書いた通り、1つは保険適用・2つめは保険適用外になると説明されましたが、同意して施術日の予約をしました。

 

施術当日は、2つのほくろが15分くらいで取れました。麻酔注射が効いていたので、痛みはまったくありません。

保険適用という話がありましたが、

ちょうど会社を辞めて国民健康保険の保険証を待っている時期だったので、自費で済ませました^^;

施術から1週間後、術後経過を診てもらうために来院。

 

合計3回の通院で、22,444円かかった計算になりました。

 

美容整形外科の場合(領収収書あり)

初診のみ  42,768円

(*ほくろと一緒にシミ取りもしたので記載されていますが、ほくろ除去の費用は上の2つです。)
品川美容外科スキンクリニックでほくろ除去をした時の費用

ほくろ除去で有名な、品川スキンクリニックで施術を受けました!

画像に書いてある通り、2mm・3mmの膨らみのないほくろと、6mmのかなり大きくてイボのように膨らんだほくろの、合計3つを取りました。

 

小さいほくろは顔にあったやつですが、6mmのほくろは背中の真ん中あたりにあったやつです。

下着にあたって擦れたり爪が引っかかって出血したりと、何かのやっかいな存在でした(哀)

かなり大きくて、炭酸ガスレーザーだけ除去するのは難しく、ほくろ細胞の芯が残らないようにメスと電気メスを併用して取ってもらった感じです。

(*ほくろ細胞が残ってしまうと、再発するリスクが高くなります。必ず再発するとは限りませんが、できるだけ綺麗に取ってしまった方が良いですよ。

 

皮膚科の時は合計3回の通院が必要だったけど、

品川スキンクリニックは無料カウンセリングを受けた当日に、ほくろ除去の施術も受けられました。

その時の詳しいレポートは、別の記事でまとめています。

品川美容外科 スキンクリニックでほくろ除去!費用と術後の経過を写真で紹介します

品川スキンクリニックで、ほくろ除去をしてきました!   お願いしたのは、顏にある平らなほくろ3個(1mm・2mm・2mm)と、背中にある膨らんだ大きなほくろ6mmです。 顏のほくろは小さ目で ...

続きを見る

 

品クリの方が皮膚科より高くなりましたが、取ったほくろの大きさと数が違います。

なので、単純に合計金額だけ比べてもどちらの方が安く済ませられたのか、わかりませんね。

そこで今度は、皮膚科と品川スキンクリニックの料金形態を比較してみました!

 

ほくろ除去にかかる費用の料金表と相場

私が通った皮膚科で見せてもらったほくろ除去の料金表は、以下の通りです。

【皮膚科でほくろ除去(自費)】

  • 直径1mm未満 5,000円
  • 直径1mm以上〜2mm未満 7,000円
  • 直径2mm以上〜3mm未満 8,000円
  • 直径3mm以上〜4mm未満 9,000円
  • 直径4mm以上〜5mm未満 10,000円
  • 直径5mm以上 相談

ほくろの大きさを1つずつ測り、金額が決まります。

私の場合は、

4mmと5mmのほくろだったので、19000円でした。

そのほかに、診察料・施術後の傷口に塗る薬・キズテープ代がかかっています。

炭酸ガスレーザーを使った施術とメスで切り取る施術があり、ほくろの大きさによって施術方法が変わります。

料金はどちらでも同じと聞きましたが、大きく盛り上がったほくろだと、上の料金よりも高くなるようでした。

 

次に、品川スキンクリニック・品川美容外科でほくろ除去を受けた時の、料金表です。

【品川スキンクリニックでほくろ除去】

  • 直径1mm当たり4,860円
  • ほくろの直径を合計して料金を計算する
  • 会員割引20%off

非常にわかりやすい料金表ですよね(笑)

品川スキンクリニックで複数のほくろ除去を一度にする場合、ほくろの大きさを合計して料金が決まります。

会員になるには登録料500円がかかるのですが、施術にかかった費用が20%offになるため、ほぼすべての患者さんが会員登録するそうです。

私は3つのほくろをまとめて取ったので、

2mm + 3mm + 6mm(かなり大きい)= 11mm
11mm × 4860円 × 0.8 = 42768円
になりました。

術後の傷口に塗る薬代とキズテープ代込みの金額です(つまり無料)。

 

ほくろ除去の相場は、皮膚科でも美容整形外科でもそれほど変わらず、小さなほくろ1つなら5000円程度だとわかりますね。

品川スキンクリニックでは会員割引があるので、他の美容整形外科よりもかなり安くなっています。

 

皮膚科と美容整形外科(品クリ)のほくろ除去を比較

基本的な料金が同じくらいなら、どっちを選んだらいいのかますます迷ってしまうでしょう。

皮膚科には皮膚科の、美容整形外科には美容整形外科のメリットがあるので、ご自分が満足できる方を選ぶといいと思います。

  • 皮膚科なら健康保険が適用される可能性あり
  • 皮膚科は病院としての安心感がある
  • 美容整形外科ならカウンセリング無料
  • 年間症例数が多い美容整形外科は高い技術力がある
  • 複数のほくろを一度に取るなら美容整形外科の方が安くなる可能性あり

 

私の個人的な意見としては、施術前のカウンセリングに十分時間を取ってもらえる美容整形外科を、おすすめしたいです。

皮膚科は子供からお年寄りまで多くの方が利用するので、いつでも混んでいますよね。

診察はパパッと終わるし先生の話し方がキツいこともあるし、相性が合わないと最悪なんです。どこの病院も同じですけど……。

 

それに比べると、美容整形外科は患者に対する対応が凄く丁寧です。

容姿のコンプレックスを改善するためにクリニックを訪れた患者の、心のケアを大切にしてくれていて、

事前の説明はもちろん、施術中も痛みがないか・気になることがないか、何度も声をかけてもらえるはずです。

 

施術後の仕上がりは、どちらも満足のいくものでした。だから、不満はまったくありません。

なので、通いやすい場所にいい皮膚科があるならそこを選んで、無いなら美容整形外科がいいかなと思っています。

とくに、無料カウンセリング・会員割引・1年保証・ほくろ除去症例数が豊富な品川スキンクリニックなら、安心して施術を受けられますよ。

一応、全国展開している品クリの店舗をのせておきますね。

☆品川スキンクリニック・品川美容外科の店舗

【北海道】
札幌

【東北・甲信越】
仙台、新潟

【東京】
品川、新宿、新宿アイランドタワー、渋谷、渋谷駅前、表参道、池袋、銀座、上野、立川

【関東】
横浜、川崎、大宮、宇都宮、千葉

【中部】
名古屋、静岡

【関西】
梅田、梅田駅前、心斎橋、京都、神戸

【中国】
岡山、広島

【九州・沖縄】
福岡、鹿児島、熊本、沖縄

カウンセリングはWeb予約が便利です。

>>品クリでほくろ除去カウンセリング予約
 

ほくろ除去の施術方法の決め方

「メスで切るのが怖いから、レーザーで取ってもらいたい」と、お考えではないですか?

私も、病院に行くまでは「取るなら絶対にレーザーがいいな」と思っていました。

 

でも、実際に皮膚科や美容整形外科で診察を受けた時、

医師に「この大きさなら炭酸ガスレーザーで取れます」「このほくろは大きいからメスを使いましょう」と説明を聞いて、

患者が施術方法を決めるんじゃないんだと、気が付きました。

病気を治すための手術だって、患者が決めたりしませんよね。どうやったら体に負担がかからず、早く綺麗に治せるかを、

医師はちゃんと考えてくれるんです。

 

もしメスで切り取る施術をすすめられたら、レーザーでは無理なのかちゃんと質問して、納得した上でほくろ除去を受けてくださいね。

メスなんて怖い!絶対嫌だ!という人は、カウンセリングだけ受けて施術はやめるのも全然ありです。

(*レーザー・メスともに、必ず麻酔を使ってから施術を行うので、痛みはまったくありません)。

 

炭酸ガスレーザーで焼き取る施術・メスや電気メスで切り取る施術の他にも、「Qスイッチレーザー」という、

ほくろの色素に反応する光を当てる施術方法があります。

Qスイッチレーザーは、主にシミ取りに使われる方法ですが、膨らみのない平らなほくろの除去に使うクリニックもあるそうです。

これも、自分が希望して選べるわけではなくて、医師がほくろの状態を診て決めてもらいます。

 

ほくろ除去の費用は皮膚科の方が安いとは限らない

以上、ほくろ除去にかかる費用について、皮膚科と美容整形外科(品川スキンクリニック)の領収書を公開しました。

皮膚科で4mm・5mmの、2つのほくろ除去にかかった費用は22,444円。

品川スキンクリニックで2mm・3mm・6mmの、3つのほくろ除去にかかった費用は42,768円。

どうでしょう、思ったよりも高かったでしょうか?

 

私のように、ほくろにコンプレックスを感じているのなら、ぜひカウンセリングを受けてみてください。

友人にもほくろ除去を受けた人が何人もいるのですが、

高校を卒業と同時に、結婚式前に、男性でも髭剃りの時に剃刀で切ってしまうのが嫌で除去したなど、いろんな方がいらっしゃいます。

皆さん、最初は施術を受けるのが怖いと感じていたそうすが、勇気を出しコンプレックスを解消しました^^

 

まずは医師に相談する感じで、無料カウンセリングを受けてみませんか?

品川スキンクリニックで、実際にほくろ除去を受けた時の詳細を公開中です♪

▼ほくろ除去カウンセリング予約▼
品川スキンクリニックほくろ除去

-ほくろ, コンプレックス

Copyright© そるとのしっぽ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.