そるとのしっぽ

楽しい毎日がもっと楽しくなる情報をお届けします♪

【ほくろ除去の方法】病院vs自宅!安全で安く取れるのはどっち!?

      2016/10/04

【ほくろ除去の方法】病院vs自宅!安全で安く取れるのはどっち!?

ほくろ除去には、いくつかの方法があります!

 

私は病院でレーザー治療を受けて、5mm大の膨らみがあるほくろを取りました。

除去から1年経ちましたが、痕はほとんど残っておらず、再発する可能性もほぼ無いでしょう。

友人がほくろで悩んでいたら、病院で取ってもらったらいいよと、アドバイスしています^^

 

でも、

  • 病院に行くのが面倒
  • ほくろ除去の費用が高そう


なんて思ってしまうと、「自宅でほくろ取りはできないの?」と考えちゃいますよね。

 

この記事では、ほくろ除去を病院で行う場合の方法と、自宅で取るやり方をご紹介しながら、それぞれのメリットとリスクについてまとめていきます。

一番最後に、一目でわかる【ほくろ除去おすすめ比較表】を掲載しましたので、ぜひ参考にしてください♪

【ほくろ除去の方法】病院vs自宅!安全で安く取れるのはどっち!?

品川スキンクリニックほくろ除去

ほくろ除去はどこでする?病院vs自宅

【ほくろ除去の方法】病院で取るvs自宅で取る!安全?安い?
ほくろ除去は、病院でおこなうのが一般的です。

皮膚科や美容外科で施術を受けられ、医師によるカウンセリングの後、丁寧にほくろを取り除いてもらいます。

皮膚科なら、ほくろの種類によっては健康保険が適用されます。

 

ほくろには良性と悪性があり、ほとんどのほくろが良性ですが、

  • 痛み
  • 出血
  • いびつ
  • どんどん大きくなっている

などの症状がある場合は、悪性ほくろの可能性があります。

放置しておくと悪化する恐れがあり、医療措置としてほくろを取る必要があると、保険適用となります。早めに受診した方がいいですね。

美観(見た目)が気になってほくろ除去を取る場合は、保険適用にならないことが多いです。

(*病院によって判断基準が違うので、除去する際は医師によく相談してくださいね。)

 

自宅でほくろを取る人も、実は年々増えているとか( ゚Д゚)

ネットの口コミで「私はこれで取りました!」と書き込みがあると、それが広まり真似する人が続出しています。

費用的に、病院で取るよりもかなり安上がりですし、親にほくろ除去を反対されている学生さんなど、若い人が試しているようです。

しかし、自己流で皮膚を刺激してしまい、逆にほくろが大きくなったという意見もあります。あくまで自己責任になります野で、ご注意ください!

 

では、病院と自宅、それぞれのほくろ除去の方法を詳しくていきましょう。

病院でほくろ除去をする方法

レーザー治療(炭酸ガスレーザー)

【ほくろ除去の方法】病院で取るvs自宅で取る!安全?安い?2

  • 安全性・・・非常に安全
  • 痛み・・・なし(麻酔あり)
  • 時間・・・1つ10分程度
  • 回数・・・1回(再発したら再治療)
  • 再発・・・再発することもある
  • 費用・・・1つ5千円~1万円程度
  • おすすめ度 

ほくろ部分にレーザーを照射して、ほくろを焼き切るようなイメージ。1つのほくろに10分もかからず、かなり短い時間で施術が完了します。

照射前に麻酔を打つので、施術中は痛みを全く感じません。術後は痛み止めや化膿止めが出ます。

レーザー治療によるほくろ除去のメリットは、傷が小さく済むところですね。そのぶん、他の除去方法よりも傷口の治りが早いです。

 

私の場合は、ほくろを取った部分にカサブタができるまで1週間かかり、テープ止めをしたまま2ヵ月、赤みが消えたのが半年後、痕が綺麗に消えたのは1年後。

長いように思われるかもしれませんけど、顏のほくろに長年悩んでいたので、半年の我慢をつらくは感じませんでした。

 

レーザー治療のリスクは、皮膚の奥にほくろ細胞(メラノサイト)が残ってしまい、再発する可能性があることです。

赤い痕が残る、痕が盛り上がる人もいるそうです。除去部分を日焼けしてしまうと、シミの原因になりますし、アフターケアが重要ですね。

ただし、施術後に医師の指示通り生活をしていれば、それらのリスクはかなり軽減されますので、ご安心ください♪

ほくろ除去なら品川美容外科

メスによる切除

【ほくろ除去の方法】病院vs自宅!安全で安く取れるのはどっち!?5

  • 安全性・・・非常に安全
  • 痛み・・・なし(麻酔あり)
  • 時間・・・1つ15分程度
  • 回数・・・2回(治療・抜糸)
  • 再発・・・再発はほぼなし
  • 費用・・・1つ1万円程度
  • おすすめ度 

メスを使って、皮膚の奥部までほくろ細胞を除去します。

麻酔を打つので痛みはなく、ほくろの大きさと数によって所要時間15分程度で終わります。

メスで切除するほくろ除去のメリットは、再発の可能性がほぼないことです。

 

私の友人でレーザー治療でほくろを取った人がいるのですが、先にご紹介したレーザーのリスクである「皮膚が膨らんだ」状態になり、ガッカリしていました^^;

かなり大きなほくろだったので、取る前よりは目立たなくなったけど、思ってた仕上がりとは違うとのこと…。

「芯」と呼ばれることもありますが、根が深いものや、直径・ふくらみが大きなほくろを取る場合は、レーザーではなくメスによる切除の方が、確実に取れるでしょう。

 

メスで切除するリスクは、レーザーよりも傷口が大きくなるため、痕が消えるのに時間がかかることですね。

とはいえ、専門医師が綺麗に皮膚を接合してくれますので、傷口はすぐに目立たなくなります。レーザー治療と同様、医師の指示通りにアフターケアを行いましょう。

自宅でほくろを取る方法

ほくろ除去クリーム


(画像 Amazon)

  • 安全性・・・不明
  • 痛み・・・ヒリヒリする
  • 時間・・・1つ数分程度
  • 回数・・・約30回(再発したら再治療)
  • 再発・・・不明
  • 費用・・・2160円(Amazon)
  • おすすめ度 

カソーダ(ヒマシ油&重曹配合保湿バーム)という海外の製品です。

ネットリとしたクリーム状で、ひまし油と重曹を配合しており、ほくろに直接塗って使います。

(使い方)

  1. 清潔な肌に適量を塗る
  2. 5~10分ほど放置
  3. 綺麗に洗い流し、絆創膏で保護
  4. 数日使い続けると皮膚が剥がれ落ちる
  5. ほくろ色素が消えるまで繰り返す

カソーダを使うメリットは、ネットショップで安く手に入ることですね。また、自宅で手間なく使えるのも、人気の秘密のようです。

 

使用者からの意見は賛否両論で、ほくろやシミなど肌の気になる部分に使い、「綺麗な肌になった」という口コミがある一方、

「色が濃くなった」「痛みが強くて怖い」といった意見もあります。

リスクは、安全性に確証が持てないこと。

化学薬品で強引に皮膚に炎症を起こさせて、自然治癒力によって肌を蘇らせる方法なので、失敗すると痕が残ってしまうかもしれません。

もぐさ


(画像 Amazon)

  • 安全性・・・注意が必要
  • 痛み・・・熱い
  • 時間・・・1つ数分
  • 回数・・・約9回(1日3回×3)
  • 再発・・・不明
  • 費用・・・540円
  • おすすめ度 

もぐさは、ヨモギなどの薬草を配合したお灸です。

(使い方)

  1. 肌を清潔に洗い流し水分を拭く
  2. ほくろにもぐさをのせる
  3. 線香で火をつける
  4. 火が消えたらもぐさを捨てる
  5. 1日3回、3日ほど続ける

薬草成分と熱を使い、皮膚を焼きとる方法になります。

上の画像はAmazonで購入できるもぐさですが、高品質なものになると1袋5千円~1万円くらい。

もぐさによるほくろ取りは、昔から行われている方法だそうです。メリットは、自宅で好きな時間にできることでしょうか?

 

しかし、自分でもぐさを使うのは難しいのではないかと思います。

使用量や火のつけ方が曖昧で、素人が行うとやけどをする危険があります。顏のほくろを取りたくても、もぐさをのせて火をつけるのは難しいでしょう。

何日でほくろが焼きとれるかハッキリしないのも、不安要素です(--

絶対にやってはいけない方法

自宅でできるほくろ除去の方法として、上記二つの他にも、

  • 安全ピンで突き刺す
  • ハサミやカッターで切る
  • オロナインを塗る

を試す人がいますが、これらは絶対にやらないでください!

 

下手に刺激をすると、ほくろが大きくなる原因になります。

私も、学生時代に顔のほくろをハサミで切った経験があります。幸い、傷は残りませんでしたが、同じ場所に同じ大きさで再発しました。

皮膚科でその話をしたら、先生に「絶対にやってはいけないこと」だと注意されいました。。

 

皮膚は私達が思っているよりも、ずっとデリケート。適当に切ったりすると、炎症を起こしたり皮膚がつれたりと、取り返しのつかない事体になりかねません。

オロナインを塗るとほくろが取れると噂されているようですが、これは都市伝説のようなものです。

オロナインに、ほくろ細胞を分解する作用はありません。刺激されて痒みや痛みがでたという意見もあります!

ほくろ除去おすすめ比較!

【ほくろ除去の方法】病院vs自宅!安全で安く取れるのはどっち!?2
ご紹介してきたほくろ除去4つの方法を、比較してみましょう♪

【ほくろ除去方法おすすめ比較表】

ほくろ除去方法おすすめ比較

手軽と思われていた自宅でのほくろ除去ですが、何度も行わないといけないし、成功する確率は低いと思われます。

費用は安く済むけれど、もし失敗してほくろが大きくなってしまったら、後悔することでしょう(´Д⊂

 

やっぱり病院で取るのが安全だし、綺麗に除去できることは明白。

レーザー治療は再発の可能性が0ではないけれど、私をふくめ大勢の患者が綺麗に取れています。

費用は病院によって価格が違います。皮膚科または美容外科で調べ、初診の時に見積もりを出してもらってください。

私のほくろ除去にかかった費用については、別の記事で詳しくご紹介しています

 

レーザー治療かメスによる切除をするかは、医師と相談して決めることができます。

短時間で傷が小さく済むレーザー治療なら、費用も少なく気軽に受けられるので、まずは来院してみてくださいね^^

ちなみに、品川美容外科ならWebで無料カウンセリングの予約ができます。すぐ見積もりを出してもらえますよ。

品川スキンクリニックほくろ除去
 

自宅でほくろを触らない!

いろんな方法を試してみたくなるけれど、ほくろ取りはお医者様に任せた方が絶対にいいですよ。

カテゴリー内の人気記事♪ 
ほくろ 】のお話