Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
ムートンブーツの手入れ方法♪雑菌たっぷりの内側が注意!! | そるとのしっぽ

そるとのしっぽ

楽しい毎日がもっと楽しくなる情報をお届けします♪

ムートンブーツの手入れ方法♪雑菌たっぷりの内側が注意!!

      2014/10/10

ムートン3-min
フワフワ、

折り返して履く、ムートンブーツ。

去年はベージュだったから、
今年は、こげ茶にしようかな?

手頃な値段で買える、ムートンブーツは、
学生から主婦まで、みんな大好きです。
これ履くだけで、なんかオシャレ♪

え?なんで毎年買うのかって?

外側の汚れを、どうやって落としたらいいか、
よくわかんないし…。

と、ママ友と話をしていたら、
厳しい一言をいただきました。

「外側の手入れなんて簡単やん。
重要なのは、内側だし

えー?内側は、そんなに汚れてないけど?

ムートンブーツの手入れ方法♪
雑菌たっぷりの内側が注意!!
 

ムートンブーツの手入れ方法

実は、ムートンには2種類ありまーす。
ご存じかと思いますが、紹介しますね。

◆リアルムートン
羊の皮を、スエード加工したもの

◆フェイクムートン
リアルに、似せて作られた素材と、
フェイクファーを合成して、作られる

街の靴屋さんで、安値で売られている、
ムートンブーツは、ほとんどがフェイク。
夢のように軽くて、暖かくて、

何足でも、買いたくなっちゃう♪

UGG(アグ)やEMU(エミュ)など、
人気ブランドのムートンブーツは、
リアルムートン仕様。

表面が、スエード風に仕上げてあるけど、
スエードよりも、もっと滑らかだから、

汚れ落としに、
固いブラシを使ってしまうと、
傷ついたり、繊維が抜けることがあります。

買ったらすぐに、
靴用の防水・防汚スプレーで保護!

表面のお手入れは、馬毛や
ゴムで出来ている、柔らかめのブラシで、
優しくなで洗いしてあげましょう。

いよいよ、問題の内側の話だけど、
正直、そんなに汚くないよね?

なんでそんなに、内側を重視するのか、
わっかりっませーん。

「水虫なるで」

へー、そうなんだ、そりゃ大変…
…え?水虫って、おじさんがなるやつ??

内側は雑菌だらけ!

ブーツを履くと、水虫になりやすい。
これは、昔からよく聞く話です。

つま先が乾燥しにくく、
雑菌が、繁殖しやすいからですね。

でも、革製・合成革制のブーツより、
さらに水虫発生率・アゲアゲなのが、
ムートンブーツなんです。

問題は、あのフワフワ。

履いて気持ちよく、暖かい内側のファーは、
汗や雨を吸収しやすく、
自然乾燥するのは、難しい!

ほったらかしにしておくと、
どんどん雑菌が増えてしまい、

カビが生え、異臭も、ただよい始めます。

どうやって、
お手入れしたらいいんでしょう?

水虫の話を、出してくるなんて、
あなたまさか、水虫保有者なんじゃ…

「水分取るとっから始めるで」

疑惑を残しつつ、
お手入れの手順を、教えてもらいました!

1.水分除去
2.乾燥

1.水分除去

ムートンブーツ,手入れ,方法,内側3-min (1)

まず、しみ込んだ汗・水分を、
除去することから、始めましょう。

用意するのは、
給水性の良いタオルと、新聞紙。

新聞を適当な大きさに折って、
タオルで包み、ブーツのに入れます。
これだけで、かなりの汗を吸収!

新聞紙を、そのまま入れると、

ファーに張り付いたり、インクが写るので、
必ず布で巻いてくださいね。

2~3時間置けばOK。

水分が取れたら、ファブリースや、
ブーツ専用の消臭スプレーをかけて、
次の工程に行きましょう。

2.乾燥

水分を取っただけでは、まだ足りないー。
ちょっとの湿り気に、
雑菌は、ドンドン繁殖していきます。

ブーツ専用の乾燥材を、詰めていきます。

ここでポイント♪
革のブーツなら、つま先を、
乾燥するだけでも、効果がありますが、

ムートンブーツの場合は、
かかとまで、しっかり乾燥しましょう!

一番汗をかくのは、つま先だけど、
その汗は、足の裏全体に、
まんべんなく、しみ込んでいます。

乾燥材は、つま先、かかと側の2個入れ。
これが理想的ですって。

乾燥材を、いっぱい買わないとダメ?

それほど高いものではないですが、
ブーツ用の乾燥材を、いくつも買うのは、
ちょっとなぁと思う方(私)は、

重層で代用することも、できます。

使い古しの靴下や、ストッキングに、
カップ一杯の重層を入れて、ブーツにIN。

重層なら100均でも売っているし、
使った後、天日干しして、何度も使えます♪

ちょっと面倒に思っても、
履き終わったら、毎回やりましょう。

うーん、ここまで話をしていて、
疑問が湧いてきました。
ただ乾かすだけじゃ、だんだん臭くなりそう?

ムートンブーツを、
丸洗いって出来るのかなー。

「フェイクならいける。リアルはヤバい」

ほほう、安もんなら洗えそう?

丸洗いの方法

ムートン2-min
私の持っている、フェイクムートンなら、
自宅で丸洗いできるそうです。

ぬるま湯に、中性洗剤を混ぜて、
スポンジで丁寧に洗います。
ブラシ使用はNG!

表面は、傷がつかないように、
内側は、ファーが毛羽ただないように。

洗濯機で洗うと、形がくずれてしまいます。
でも、脱水は軽くかけた方が、
早く乾くので、2~3分程度かけましょう。

洗った後は、直射日光をさけ、
陰干しで、しっかり乾かし、

しまう前に、
乾燥剤を入れてると、良いですね。

リアルファーの場合はどうしよう?

長く履きこみたいなら、
クリーニングに出した方がいいです。

小まめなお手入れを、しておけば、
外側の汚れは、シミにならず落ちますが、

シーズンオフや、
あまりにひどい汚れの時は、
クリーニング屋さんに、お願い!

値段は2500~4000円程度。
内側も、綺麗に滅菌してもらえますよー。

まとめ

ムートンブーツは、内側の手入れが重要。
肝に銘じておきましょう。

ママ友の水虫疑惑は、追求してみたら、
学生時代、ムートンブーツが原因で、
指の間がものすごく、痒くなったそうです。

やっぱ、なったんじゃん…。

というと、「かぶれただけ!」と、
激しく否定されました。どっちでもえぇ。

安いフェイクムートンなら、
1年で買い替えるのも、ありですが、
メーカー品の、こだわりブーツは、

大切にして、長く履きたいですよね。

乾燥剤を入れて保管すれば、
重みで安定するから、固く崩れ防止にも、
なりますよー。ぜひやってみましょう♪

カテゴリー内の人気記事♪ 
ファッション, 秋冬コーデ 】のお話