Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/soruto/sorutono-sippo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
猫の飼育費用と初期費用!1匹飼うと月1万円かかる? | そるとのしっぽ

そるとのしっぽ

楽しい毎日がもっと楽しくなる情報をお届けします♪

猫の飼育費用と初期費用!1匹飼うと月1万円かかる?

      2016/07/20

猫の飼育費用と初期費用!1匹飼うと月1万円かかる?6
「可愛い猫ちゃんを、家族に迎えたい」

その気持ち、メチャクチャ分かります。

我が家には総勢4匹の猫がいますけど、ペットショップに行くと、「もう一匹増やそうかな」なんて思っちゃいます(笑)

それくらい、猫は可愛い!

 

家に迎えたらもう家族。猫にとってあなただけが頼りです。飼い始める前に、初期費用と猫の飼育にいくらかかるか、しっかり調べておきましょう♪

猫の飼育費用と初期費用!1匹飼うと月1万円かかる?

初期費用は?

飼い始める時に一番かかるのは、猫の購入費用ですよね。

野良猫ちゃんを保護するか、里親募集でもらってくるのでない限り、5万円以上するでしょう。

血統の種類や模様の希少価値によって、20万以上する猫も売られていますよね。

 

大型ペットショップでは、購入時にマイクロチップ登録をします。

【マイクロチップとは?】
猫の首ねっこに、個体識別データを埋め込んだ小さなチップを埋め込み、迷子になった時に読み込めるシステムです。

購入時の本体価格に含まれていると思いますが、店員さんに聞いておくと良いでしょう。

 

どんな猫を選ぶかはあなた次第。

里親募集をしているサイトがたくさんあるので、近郊で子猫ちゃんを探すのも楽しいですよ♪ 雑種(日本猫)は長生きするというデータもありますし……。

 

猫の本体費用のお次は、飼育に必要なペットグッズにかかる費用ですね。一般的な値段をご紹介します。

【猫を買うのに必要な道具と予防接種】

・予防接種 3~5000円
・トイレ  3000円
・猫砂   500円
・キャリーケース 5000円
・爪とぎ 1000円
・猫用爪切り  800円
・エサ・水入れ 各300円
・おもちゃ 1000円
・・・・・・・・・・・合計17000円

どのグッズも、量販店で買えばもっと安く手に入ります。アイリスオーヤマ製品がとにかく安い!

 

我が家では、100均一の器を猫エサ入れにしていますし、最低限のものしか買っていないので、かなりコストダウンできています。

決まりはありませんので、お好みで選んでください^^

【初期費用・我が家の場合】

・予防接種 3500円
・トイレ  1980円(アイリス)
・猫砂   498円
・キャリーケース 3350円(アイリス)
・爪とぎ 1350円
・爪切り(人用)  持っていた物
・エサ・水入れ 各100円(100均)
・おもちゃ 300円(100均)
・・・・・・・・・・・合計11178円

アイリスオーヤマに感謝します(笑)

 

爪ときは、プラスチックの本体に段ボールのカートリッジが付くタイプです。ボロボロになったら、段ボール部分のみ交換。段ボールの替えは3本400円程度。

キャリーケースは意外と高いから、必要になってからでいいかと思いますが、合った方がいいと思います。

猫の飼育費用と初期費用!1匹飼うと月1万円かかる?

キャットタワーもぜひ用意してください♪

猫は高いとこにのぼるのが好きですし、敵が居ない場所でのんびりくつろぐと、落ち着くみたい。ウチの猫達も、みんなキャットタワーで昼寝してますよ^^

予防接種を受けに行く時も、キャリーケースがないと困りますよー。

ペットショップで売ってますが、ペットブームで需要が増えたためか、リサイクルショップでもよく見かけるようになりました。うちも先日、500円でケースをGET購入しました♪

 

予防接種の値段は病院によってマチマチなので、上記の価格は目安だと思ってください。

ウイルス感染から猫を守るために、毎年注射を受けてくださいね。

 

以上、初期費用を合計すると、約17000円。

猫を飼いはじめるためにかかるのは、2万円程度と思っておきましょう。

1ヶ月あたりの飼育費用は?

基本的に、毎月買わないといけないのは「エサと猫砂」これだけです。

ペット用品売り場には、プライベートブランド商品から輸入品の高価なものまで、種類がたくさんありますが、価格だけでなく、用途によって使い分けてください。

エサ

子猫から買うなら、キトンという子猫用のドライフードと缶を買いましょう。500gで1000円と意外と高いですよ!食べる量はそれほど多くないので、缶のエサと合わせても2000円くらい。

成猫になったら、インドア猫用・毛玉ケア用などの用途で選んだり、カツオやマグロなど魚の種類で選ぶこともできます。

好き嫌いがある猫もいるから、たくさん入っているエサを買わず、2キロくらいの物をいろいろ買って、ご機嫌をうかがった方がいいですよ。

成猫のエサは、月約4000円ほどになります。

ドライフード主体にすると、もっと安くなるかと思います。

 

うちの場合は現在4匹飼っていて、10才の猫が腎臓病の治療食を食べているので、2キロ4000円とかなり高価です。

他の若い猫達も病気にかからないで欲しいと思い、プレミアムキャットフードのシンプリーを与えています。

シンプリーは老猫でも食べられる栄養配分になっていて、着色料なしなのと自然のサーモンの香りがあり、食いつきがいいですよ。

やや高価なのと、ネット販売でしか買えない手間がありますが、気になる方はこちらのレビューページを参考にしてください♪

4匹の猫、1ヵ月にかかるエサ代は約2万円~25000円くらいです。……結構かかってますね^^;

猫砂

猫砂も種類は豊富ですが、安すぎると固まらなかったり臭いがキツかったりします。

一袋500円程度の商品がおすすめ。月に2袋もあれば足りるでしょう。エサと猫砂で約5000円です。

 

「それくらいなら全然余裕!」

ちょっとだけ外食減らせば、猫の飼育代なんて簡単に確保できそうですね?これなら5匹6匹と飼えちゃうかも?

で・す・が、イレギュラーな事態になった時はお金がドカッと必要になります。

例えば病気。保険がきかない猫は医療費がかかりますよー!!

医療費は?!

猫の飼育費用と初期費用!1匹飼うと月1万円かかる?3
元気にごはんを食べてくれていれば問題ないけど、もし下痢をしたら?

最初にも言いましたが、飼い主は猫にとって親同然の存在。なにかあれば、私達がなんとかしてあげなければいけません。

 

動物病院によって、治療費はかなり違います。

病気の症状にもよりますし、一度の診察でいくらというのは、ハッキリわからないところですね。

我が家の猫が下痢の症状で、診察を受け薬を処方してもらった時は、3000円くらいだったと思います。初診の場合、時間をかけてジックリと見てもらい、検査をするかもしれません。

動物病院に行く時は、最低1万円は持っていた方がいいです。

 

猫がかかりやすい、腎臓や膀胱の病気。人間と違い具合が悪くても教えてくれないので、常に健康管理に気をつけてくださいね。

健康に過ごすことが一番の節約になります。

生後6か月以降には去勢・避妊手術を行いましょう。去勢することで、発情期の興奮を抑えたり、オスのスプレー行為(マーキング)を、予防させる効果があります。

去勢手術については、別の記事で詳しくご紹介しています。

 

猫の飼育についてもっと詳しく知りたい方は、猫の専門誌「ねこのきもち」が役立ちますよー。

季節ごとの猫がかかりやすい病気の症状や、飼育に必要な基礎知識が満載です。もちろん可愛い猫の写真もたくさん♪

我が家でも1年間購読してますが、隔月で付録がついてくるのでそれも楽しみ(笑)次の付録は何だろう?↓

ねこのきもち

猫の飼育費用と初期費用まとめ

猫を飼うためにかかる費用についてでした。

エサ次第で安上がりになりますが、キャットフードは「安っ」と思う価格のものは、添加物が多く健康への影響が不安なので、私はおすすめできません。

(*ピンキリなので、よく調べて選んでくださいね)

 

毎月の分は5000円程度ですが、何かあった時の為に、1万円の予算は組んでおきましょう。

猫も昔とは違い、室内で飼うのが定番。犬のようにお散歩がないので、お洋服も必要ありません。あとは、キャットタワーや猫こたつなど贅沢品を買うと、いくらでもお金はかかってきます。

気が付けば猫のおもちゃだらけかも?(笑)

 

まだ猫を買う前の方は、どこで猫を探すか検討するところから始めましょう。野良上りの猫は嫌ですか?

カテゴリー内の人気記事♪ 
】のお話