二重整形

二重整形したい!親を説得するなら理解を深めよう

投稿日:

勇気を出して親に「二重整形をしたい」と相談したのに、あっさり「ダメ」と却下される。

こんなに悩んでいるのに、なんでわかってくれないのだろうと腹がたちますよね。

 

未成年の学生だと、二重整形をするには保護者の同意が絶対に必要。

なんとか説得して許可をもらいたいところですが、ついケンカ腰になり上手くいかないことでしょう。

 

でもきっと、あなたの幸せを誰よりも願う両親だから整形を反対しているのだと思いますよ。

私にも二人の娘がいますが、もしも将来二重整形をしたいと言い出したら、応援してあるつもりです。ただし、親が納得だけの知識と考えをしっかりと持っていたらですね。

どうしたら親を説得できるのかな?一緒に考えてみましょう!

 

二重整形したい!親を説得するなら施術への理解を深めよう

 

「二重整形して可愛くなりたい」という理由だけじゃ親は説得できない!?

あなたが二重整形をしたい理由はなんですか?

  • 奥二重でまぶたが重い
  • 一重で目が小さく見える
  • 左右の二重幅を揃えたい
  • アイプチをするのが大変
  • 友達が整形したから

 

ひとことでまとめてしまえば、「今より可愛くなりたいから」ですよね。

二重になれば、目が大きく可愛らしい印象になるでしょう。

 

ですが、今のまぶたがあなたにとって不満だとしても、ご両親にとっては「この世で一番可愛い」顔立ちなんです。

アイプチやメザイクで二重にするメイクが流行っているのを、こころよく思わない親も多いそうです。

 

娘の顔が変わるのは辛い。
失敗して娘の体に悪い影響があったら怖い。

親は、あなた以上に整形に対して不安をいだいています。

 

反対しているからと言って、あなたの気持ちを軽視しているわけじゃないはず。

だから、どれだけ真剣に二重整形をしたいのか伝えて、親に応援してもらう努力をしましょう。

 

説得するには施術のリスク・費用を把握しておく

親が子供の二重整形を反対する理由は、次のような不安要素があるからです。

  • 失敗する
  • 二重が取れてしまう
  • 傷跡が残る
  • 費用の負担

 

まず、施術後のリスクですね。

施術の詳しい方法や流れについては、クリニックのサイトに載っている情報をチェックしましょう。

メスを使わずにまぶたの裏を医療糸で固定する埋没法と、メスを使って皮膚を縫い合わせる切開法がありますが、初めての場合は埋没法を選ぶ患者がほとんどです。

 

私が埋没法を受けた時は、術後3日間かなり腫れましたが、それ以降は腫れが落ち着きメイクをして外を出て歩ける状態でした。

個人差があり必ず数日で腫れがひくとは言えないけれど、カウンセリングでドクターから事前に説明があるので安心してくださいね。

局部麻酔が効いた状態で施術するので、痛みもほとんど感じませんでした。これも個人差ありですが、「思ってたほど痛くない」のが正直な感想です。

傷跡は施術直後から薄っすら見えるだけで、1ヶ月経つとまったく気にならなくなりました。

 

埋没法は、年齢を重ねると筋肉の付き方が変化して糸がゆるんだり取れてしまう可能性があります。

ですが、二重幅が術後より狭くなった・二重から元の一重に戻ってしまったとしても、二重整形を受け直すことができるという安心感があり、それが人気の理由でしょう。

費用は埋没法なら10万円前後、切開法だと20万円前後になります(クリニックによります)

 

ネット上では不確かな情報が氾濫しているため、二重整形に対して悪いイメージを持っている大人は多いです。

親を安心させるためには、美容クリニックのHPから真実の情報を学んで、二重整形のメリットとデメリットを把握しましょう。

 

できれば、ご両親にも知ってもらうのが理想的ですね。

「真剣に向き合いたいから、一緒に調べて欲しい」と相談してみませんか?

リスクも理解した上で、それでも施術を受けたい意思を丁寧に話します。軽い気持ちで整形するんじゃないと、本気の気持ちをぶつけましょう。

 

二重整形するなら長期休みがおすすめ

二重整形を受けた後は、数日間まぶたが腫れやすくなります。

見た目の腫れが目立たなくなるまでに約1週間かかり、術後1ヶ月は二重幅が広めの状態。だんだん二重幅が安定して、それ以降は希望通りの二重になるはずです。

 

「目が腫れて恥ずかしいから学校に行けない」

なんてことにならないように、施術は長期休みの前に受けることをおすすめします。学年が変わるタイミングや夏休み中ですね。

高校卒業、大学卒業の時期を利用して二重整形をするのも人気です。他の時期よりも予約が取りにくくなるかもしれないので、早めにカウンセリングを受けておきましょう。

 

整形を反対するのも応援するのも、親にとって大きなプレッシャーとなります。

もし私の娘が二重にしたいと言い出したら、本人が施術に対する恐怖心を乗り越えられるか、やっぱりやらなければよかったと後悔しないか、支えてあけなければと思います。

あなたもどうか、「説得できたらラッキー」「お金を出してもらえたらそれで終わり」というように、ご両親の気持ちを軽く考えないで欲しいです。

 

今のままでも十分可愛い自分の娘。幸せになって欲しい。

二重整形を反対したことも、すべて愛情からくるものだと理解してくださいね。

 

自分の気持ちをはっきりさせてから親を説得しましょう

二重整形したいと親を説得するにはどうしたら良いか、お話してきました。

 

親によって考え方は違います。

未成年・学生のうちに整形するなんて早すぎる、自分で費用を払い責任を持てる社会人になってからなら良いと考える親。

私のように、自分も施術体験があり子供を応援したいと考える親。

絶対に反対。顔を変えるなんてトンデモナイと考える親……。

 

両親に内緒で二重整形を受けるのは不可能ですから、説得するしかありません。

まずは二重整形とはどんなものなのか、施術方法・費用・リスクを学びましょう。

 

あなたの気持ちは、少しのゆらぎのない状態でしょうか。

そんなことないですよね。

施術は怖いし、どうなるのかなって不安に思っているはずです。だから親に応援して欲しい。支えて欲しいと思っているのではないですか?

 

気持ちを素直に伝えてください。

後悔をしないように自分自身と親の気持ちを大切にして、あらためて二重整形を受けるかどうか家族と相談して決めましょう。

-二重整形

Copyright© そるとのしっぽ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.