そるとのしっぽ

楽しい毎日がもっと楽しくなる情報をお届けします♪

実録!妊娠初期流産の兆候と症状・私の場合はこうでした!

      2015/06/21

妊娠初期 流産 兆候 症状

妊娠は喜びと不安が半分ずつ。


私は初めての妊娠で流産しました。妊娠周期としては8週目でしたが、胎嚢は育たず、さよならしたのです。

妊娠が発覚した時から、「もしかしたらダメかも…」そんな予感がしていて、ネットを使って妊娠初期の流産について一生懸命調べました。兆候は?症状は?確率は???


すると、同じ不安をかかえている人がとても多いことが分かりました。あたなもそうでしょうか?私の流産体験を、すべてのママと赤ちゃんに捧げます。

実録!妊娠初期流産の兆候と症状・私の場合はこうでした!

妊娠初期の流産の確率

「10人妊娠したら、そのうちの1・2人は初期段階で流産する。」

私が産婦人科で妊娠検査を受けた時、先生から優しく言われました。妊娠していたことに気づかないまま、流れてしまうケースも多いそうですよ。


・いつもより量が多い
・遅れたが生理が来た

こんな些細な症状しかないと、生理不順の方だと気づきにくい。私の生理周期は1ヶ月と2・3日という感じで、月によって数日はズレましたが、大幅に遅れることは少なかったです。


妊娠に気づいたのは、胸の張り。


生理前の不快な子宮の痛みはなく、とにかく胸がズキズキしてなんかおかしいぞと感じました。生理予定日前に検査薬を使うと、ハッキリと陽性反応が出たため、翌日には産婦人科で検査を受けました。

「まだ早すぎてエコーは見えない」
「検査結果も病院では陰性」

妊娠初期だと診断してもらえなかったこの時から、流産への不安が始まったのを、鮮明に覚えています。


【注意】

市販の妊娠検査薬は反応が良いため、私のように超妊娠初期に受診すると、胎嚢の確認ができなことも多いそうです。のちに妊娠・出産と、順調に赤ちゃんが育つ方もたくさんいます!

私は基礎体温をきちんとつけていませんでしたが、日頃から付けるようにしておくと、体調変化の確認に役立てることができます。

流産の兆候

2週間後にまた受診してくださいと先生に言われ、不安な気持ちのまま日々を過ごしました。その間は、たまひよを買って読んだり、ネットで流産のことを調べたり、ソワソワと落ち着かない日々でしたね。


時々、卵巣がチクリと痛むような気もしたけど、意識し過ぎだったかも?初めての妊娠だと、異変かどうかもわかりません。それで、ますます不安に(;;

やっと受診日が来て、2度目の妊娠検査とエコーで赤ちゃんの確認。妊娠はしていましたでも6週目に入ってるはずの胎嚢はとても小さく、育たない可能性があると言われました。


私の流産の兆候は、

・卵巣の痛み
・胎嚢の成長が遅かった

この2つでした。


【注意】

流産の兆候・症状は人それぞれ違います。

生理周期に対し、胎嚢の成長が遅いからと言って、必ず流れるわけではありません。受精のタイミング、体調などでズレる人もとても多いそうです。


不安なことは医師に相談し、自己判断せず必ず診断を受けましょう。

症状

妊娠初期 流産 兆候 症状3

妊娠初期の流産症状としてあげらるのは、

・出血
・腰痛
・頭痛
・子宮の痛み
・つわりがなくなる

など、いろいろあるそうですが、私の場合は複数の症状はなかったです。「育たない可能性があるけど、まだわからないし、普通の生活を続けて待ちましょう。」先生に言われた通り、仕事は休まず続けました。

通勤を送り迎えや家事を手伝うなど、夫の気づかいもあり、なんとか日々をやり過ごしいましたが…


妊娠7週3日目、微量の出血。


もともとツワリと思われる症状は無かったため、出血以外に変化は感じられませんでした。胸の痛みと卵巣のチクチクは続いたままでしたよ。

慌てて受診すると、「流産の可能性が高いから、自宅で安静にして過ごすように」先生に言われたので、その後4日間は寝たきりで過ごしました。トイレやお風呂の時間も短くし、食事もベッドの上でとりました。


出血は少しの量が、ずっと続きました。どうかこれ以上出ないで、私の赤ちゃんを助けて、誰か助けて。

泣きながら過ごす時間はとても長く感じ、ただ待つことしかできない自分は本当に母親になれるのか、ネガティブなことしか頭に浮かびませんでした。


【注意】

妊娠初期に出血する原因はさまざま。

着巣出血と呼ばれる妊娠したことで出血する場合や、体を動かしたことで、胎盤の一部が出血してしまう場合も。

安静にしていればおさまり、その後の妊娠生活に支障はないケースが多いようですが、出血しない方が精神的にも安心ですし、やはり妊娠初期・胎盤が安定するまでは、安静に過ごした方がいいですね。

流産末期

絶対安静を続けて4日目。


出血の量は変わらず、胸のチクチクは少しひいた気がしました。妊娠症状は治まってきていたと思います。

真夏の昼下がり、平日だったので私は一人で天井を眺めていると、急に生理痛のような痛みを感じました。激痛で吐き気もあり、慌ててトイレに走りました。


トイレに座ってしばらくすると、出血が増えていき、もうダメなのだと実感しました。

悲しさと腹痛、体力の消耗で、1時間は歩くこともできませんでしたが、なんとかタクシーを呼び病院へ。流産と診断され子宮内洗浄などの処置を受けました。


【注意】

私は自宅のトイレに駆け込みましたが、痛み・出血が増えるなどの症状が出たら、すぐに病院に連絡をしましょう。流産を食い止められるかはわかりませんが、適切な処置を受けることは出来ます。

一人でいると不安は増えますし、とにかく病院にすぐ電話してください。

まとめ

妊娠初期 流産 兆候 症状2

流産の原因も人それぞれですが、妊娠初期にそうなってしまうのは、受精のタイミングによるものがほとんどだと聞きます。


ママの責任ではありません。


初めから育つことができない状態なので、流産を食い止めることもできません。もしそうなっても気にやまないでください。

先生に言われても、心情的には難しいのは当然です。私が実体験した妊娠初期の流産、兆候や症状はこれが全てですが、とにかく気になることは病院で話しましょう。

流産後、1ヶ月は泣きながら過ごしましたが、精神的に立ち直れてきた半年後に、私は再び妊娠し、娘が生まれました。今は二児の母親です。


不安な気持ちは、みんな同じだから。


私の辛かった流産体験が、少しでもあなたの役に立てたらいいなと思っています。


こちらの記事も妊娠超初期について書いています。
できたかも?!生理前と妊娠超初期症状の違いとは?

カテゴリー内の人気記事♪ 
妊娠 】のお話