そるとのしっぽ

楽しい毎日がもっと楽しくなる情報をお届けします♪

エボラ出血熱は日本で流行る?!報道は真実?対策・薬は万全なの?

      2015/02/28

エボラ出血熱が「国際的緊急事態」と
WHOが発表しました!

日本は大丈夫なの?報道は真実?

対策や薬の確保は出来るの?!

エボラ出血熱の日本での報道

インターネットでニュースを
見ている方なら、

エボラ出血熱
西アフリカで流行ってるらしい」

そう感じていることでしょう。

1970年代から中央アフリカ
感染が確認されているエボラ出血熱が、
このたび、西アフリカで、

猛威をふるっているそうです…。

致死率は50~90%とも言われるほどの
強いウィルス。

ですが、日本の報道機関は、
それほど騒いでいないですよね。
TVニュース番組も、少しは取りあげてますが、

「遠い外国の話だから、日本は関係ないかー」
なんて軽く思ってしまいます。

現在、西アフリカでエボラ出血熱による
死亡者は、930人あまり。
感染者は1700人を超えました。

日本で感染者が出る可能性はないの?
詳しく調べてみました!

海外と日本がおかれた状況は?

2014年8月10日現在、
日本での感染報告はありません。

エボラ出血熱は、エボラウィルスに
感染することにより、発症するそうです。

感染経路は主に、
エボラ出血熱の症状がある感染患者の、
血液・体液・吐しゃ物にふれたことによります。

インフルエンザみたいに、
飛沫感染はしないので、ちょっと安心(><

西アフリカでは、ハリネズミなどの
野生動物を食べる習慣があり、
その動物からの感染が多いようですね。

昔からの風習で食べているのに、
こんな事態になってしまうなんて…。

キリスト教の布教のために、
リベリアを訪れていたスペイン人の牧師が、
滞在中にエボラウィルスに感染してしまい、

母国に緊急搬送されたそうです。

症状が出ていない間は、
周りの人に感染する危険はないと
されていますが、この牧師さんが

どのような状態かは、詳しい情報がありません。

ただ、発症しても2次感染させないため、
輸送機内の空気はフィルターを使い、
浄化させているとのこと。

これはスペインのお話でしたが、
同じことが、日本でも起こり得るでしょう。

鎖国していた
大昔とは、わけが違います。
世界との関わりは、必要不可欠。

日本は、ちゃんと対策をしてるのか?

今度は、気になる厚生労働省の、
対策・ワクチン(薬)の確保について
お話していきましょう。

eborasyukketunetu

感染者を出さないための対策は?

西アフリカを訪れる日本人は、年間約5万人。

仕事や旅行、理由は様々でしょうが、
エボラウィルスに感染したと気づかないまま
帰国する人がいないとも限りません。

厚生省では、ホームページでの情報掲示、
空港へのポスター配布など、
さまざまな手段で警告を促しています。

これから出国する方、帰国する方の
エボラ出血熱に対する意識を
高めるための、水際対策ですね。

また、万が一エボラウィルス感染の
可能性がある方が出た場合には、
全国にある「感染症指定医療機関」へ、

ただちに搬送できるように、
特別体制を整えているそうです。

今のところ、流行地域への渡航制限は
出されていません。

WHOも「立ち入り禁止」というような、
決定的な措置は取っていないのです。

「そんな国に入ったら危ないじゃないか!」

と、思われるかもしれませんが、
空気感染しないことと、

通常の旅行者であれば、
野生動物を食べたり、エボラ出血熱患者
接触する可能性が低いことから、

渡航制限するに、至っていないのでしょう。

外務省は

「渡航の是非を検討して下さい。」
(引用 厚生労働省HP)

そう勧めているようですね。

確かに、感染拡大の恐れも
十分に考えられる「今」行くのは危険!

私も、自分の家族が西アフリカに
旅行の予定を立てていたら、止めると思います…。

ワクチン(薬)はあるの?

ワクチンについて調べたのですが、
今現在、エボラ出血熱の特効薬

存在しないようです。

一番すすんでいるのは、アメリカでしょうか。

実験用の抗体治療剤「ZMapp」の効果があったことから
(略)投与承認を求める申請がWHOになされた。
(引用 Wikipedia)

未承認の薬ですが、エボラウィルスへの
効果が確認されており、早急な投与許可が
求められています。

また、日本の企業「富士フイルム」が
インフルエンザ用治験薬として開発した
ワクチン『ファビピラビル』

これが、エボラ出血熱にも適応する
可能性が高いそうです!

『ファビピラビル』は
インフルエンザ治療薬としての試験が、
アメリカで行われていて、最終段階まで

きていますが、

アメリカ国防総省は、エボラウィルスへの
適応試験を優先的に行い、
9月中旬までに終わらせる予定だそうです。

一刻も早く、ワクチンを完成させて
を救ってほしいところですが、
十分な試験も行ってからですね(><

もし外国で認可されたとしても、
日本で認可されるのは、いつも時間がかかります!

国として、正しい情報と対応策
もっと積極的に発信して欲しいと思います。

カテゴリー内の人気記事♪ 
病気 】のお話